このエントリーをはてなブックマークに追加

 > 栃木県

栃木県の不動産業者

栃木県における不動産の取引は、売買・賃貸の2つがあり、売買はさらに住居用途・業務用途の2つに分けられます。いずれの場合も不動産業者のお世話になります。不動産取引会社によって、売買を直接行っている業者と、主に仲介業を行っている業者とがあります。また、大手から中小まで業者の規模に差があります。大手のほうがいいと思いがちですが、物件データは業界で共有化されており、また、中小店舗の方が栃木県に地域密着し親身になって相談してもらえるということも考えられます。
不動産業界団体である栃木県宅地建物取引業協会、全日本不動産協会栃木県本部に問い合わせて、適切な会社を紹介してもらうことも可能です。

検索

栃木県の市町村から不動産業者を探す

記事

栃木県の不動産トピック

工業都市としての宇都宮

栃木県の県庁所在地である宇都宮市は、県の行政の中心地であるだけでなく、国内有数の工業都市です。製造業の工業団地として、宇都宮工業団地(平出工業団地)、清原工業団地、瑞穂野工業団地があるほか、富士重工業宇都宮製作所、アイラインのテクノセンターなどがあります。航空機、電子機器、機械器具、化学製品、食料・飲料などを製造しています。また、大谷町付近では石材の大谷石が採掘されています。宇都宮市は1984年に関東地方で唯一のテクノポリスに指定されており、工業製品出荷額は県内1位、年間商品販売額は北関東1位を誇っています。

栃木県の不動産業界団体は?

初めて不動産の取引を行うときは分からないことが多々あり、業者選びの基準が分からず苦労するかもしれません。分からないことが多々あり、不動産業界の業界団体が役に立ちます。我が国には全日本不動産協会、全国宅地建物取引業協会連合会の2つの団体があり、都道府県に支部があります。栃木県の不動産会社は全日本不動産協会栃木県本部、または栃木県宅地建物取引業協会に加盟しています。これらの団体は、不動産無料相談会を開催したり、消費者に応じた不動産屋を紹介してくれます。また、これらの団体を母体とする不動産保証協会栃木県本部、全国宅地建物取引業保証協会栃木本部があります。こちらは消費者の利益保護を目的としており、不動産取引に関する苦情を消費者から受け付けて解決を図ってくれるほか、手付金等保管制度により必要に応じて消費者が手付金を取り戻すことを保証してくれます。