このエントリーをはてなブックマークに追加

 > 神奈川県

神奈川県の不動産業者

神奈川県で不動産の取引を行う場合ですが、賃貸/売買の2つがあり、売買はさらに業務用/住居用の2つに分けられます。多くの人にとって重要なのは住居の購入ですが、いずれのケースでも不動産業者のお世話になります。不動産取扱業者により、売買を直に行っている会社と、主に仲介を行っている会社とがあります。また、大手から中小まで業者の規模に差異があります。大手のほうが優れていると考えがちですが、物件情報は業界で共有化されており、また、中小業者の方が神奈川県に密着し地域特有の事情に精通しているということもありえます。
業界団体の神奈川県宅地建物取引業協会、全日本不動産協会神奈川県本部に問い合わせて、適した業者を紹介してもらうことも可能です。

検索

神奈川県の市区町村から不動産業者を探す

記事

神奈川県の不動産トピック

地価上昇で注目される武蔵小杉

2013年1月時点の地価公示価格が国土交通省から発表され、基準点の地価上昇率で全国トップを記録した武蔵小杉が注目を集めました。近年、川崎市は東京へのアクセスが容易であるということから、東京へ通勤するサラリーマン・労働者とその家族が居住するエリアとして人気が高まっており、高層マンションの建築も盛んに行われています。「武蔵小杉」は、武蔵小杉駅を中心としたエリアの通称であり、武蔵小杉という地名は存在しません。具体的な地名としては、川崎市中原区の小杉町、小杉陣屋町、小杉御殿町、新丸子町、新丸子東、中丸子、下沼部、市ノ坪などです。中原区は東京都の大田区、世田谷区に隣接しており、また横浜市にも隣接しており、その好立地が人気の理由のひとつです。武蔵小杉駅は、JR横須賀線、南武線、湘南新宿ライン、総武線(快速)、成田エクスプレス、東急東横線、目黒線が乗り入れており、交通の要衝となっています。駅周辺は武蔵小杉東急スクエアが開業するなど、商業都市としても発展を遂げています。

神奈川県の不動産業界団体は?

初めて不動産の売買を行うときは不明点が多く、業者選びの基準が分からず苦労するかもしれません。そうしたとき、不動産業界の業界団体が便利です。日本には全日本不動産協会(全日)、全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)の2つの団体があり、それぞれ都道府県に支部があり、神奈川県の不動産企業は全日本不動産協会神奈川県本部、または神奈川県宅地建物取引業協会の会員となっています。これらの団体は、不動産無料相談会を定期的に開催したり、相談者のニーズに応じた不動産業者を紹介してくれたりします。また、これらの団体を母体とする不動産保証協会神奈川県本部、全国宅地建物取引業保証協会神奈川本部があります。こちらは消費者の利益の保護をめざす団体で、不動産取引に関する苦情を消費者から受け付けて解決を図るほか、手付金等保管制度により必要に応じて消費者が手付金を取りもどすことを保証してくれたりします。