このエントリーをはてなブックマークに追加

 > 北海道

北海道の不動産業者

北海道で不動産の取引を行う場合、売買・賃貸の2つがあり、売買はさらに住居用途・業務用途の2つに分けられます。いずれのケースでも不動産業者のお世話になります。不動産屋によって、売買をダイレクトに行っている企業と、仲介をメインに行っている企業とがあります。また、大手から中小まで企業の大きさに違いがあります。大手のほうがいいと思いがちですが、物件データは業界で共有ネットワーク化されており、また、中小企業の方が北海道に地域密着しているということも考えられます。
不動産業界団体である北海道宅地建物取引業協会、全日本不動産協会北海道本部に問い合わせて、ふさわしい会社を紹介してもらうことも可能です。

検索

北海道の市区町村から不動産業者を探す

記事

北海道の不動産トピック

中国人の北海道買収の真相は?

昨今、中国人が北海道の不動産を買い漁っているという報道がなされるようになりました。北海道の現場で調査を行った専門家によると、北海道に限らず日本の森林が外国人に買われているというのは事実であり、そのなかには東南アジアの華僑を含む中国系資本も多く、特に中国経済がな発展を遂げてから活発化している、ということです。別荘地や、森林の中には水源地も含まれており、中国が国家的な意志によって北海道(を含む日本の土地)を買収しようとしているのではないかとみる向きもありますが、バブル的に膨張した中国経済が、資本の行き先を求めて、その一部が北海道の不動産投資に流れてきているに過ぎない、と考えるのが妥当のようです。バブルが崩壊、または中国経済が退潮した場合は、自然と投資も引いていくだろうと観測されています。買収地に水源地が含まれていることから、北海道を皮切りに各地で水資源保全条例が制定されました。

北海道の不動産業界団体は?

不動産の取引を初めて行うときは分からないことが多々あり、不動産業者を選ぶことは難しいでしょう。分からないことが多々あり、不動産業界の業界団体が有用です。我が国には全日本不動産協会、全国宅地建物取引業協会連合会の2つの団体があり、各都道府県に支部があります。北海道の不動産業者は全日本不動産協会北海道本部、または北海道宅地建物取引業協会に加入しています。これらの団体は、無料相談会を定期的に開催したり、消費者に応じた加盟店を紹介してくれます。また、これらの団体を母体とする不動産保証協会北海道本部、全国宅地建物取引業保証協会北海道本部があります。こちらは消費者の利益保護を目的としており、不動産取引に関する苦情を消費者から受け付けて解決を図ってくれるほか、手付金等保管制度を設けて万一の場合に消費者が手付金を取り戻すことを可能にしてくれます。